2013年03月05日

鳩のように素直に、蛇のように賢く(さとく)

3579905705_34f97f09c0_o「鳩のように素直に、蛇のように賢く」とは
イエスが十二の弟子に語った言葉です。

イエスは十字架上で死ななければなりません。
これは預言の成就でもあります。
同時に世界中の人類の原罪を解き放つには、
この方法で肉体の死を迎え、霊的に復活する必用があったのです。


弟子たちが、イエスの教えを世に広める時が来たら、
必ず迫害されることは、イエスは当に知っていました。
そのための助言です。

鳩は平和や幸福の象徴ですから、「素直に」というメッセージは、
全うでしょう。Misa-1
しかし「蛇のように」という表現は不可思議に思う方もいるのではないでしょうか?

元々、人類が必ず「死」を迎え、働かざる者食うべからず、という罰は、
ルシファーが化けた蛇のエヴァへの誘惑がきっかけです。
ではなぜ「蛇」を持ち出したのか?

これは、ルシファーというメッセージでは無いでしょう。
端的に「蛇」という生き物を指しています。
蛇はこの世の脊椎動物の中で、地を這う生き物です。
大地は肉体であり、現実的な生活すべてを象徴します。
ならば、その大地に前進を接触しているということは、
非常に現実的で有り、論理的であることを示すでしょう。


実際に全ての弟子達は迫害に遭います。
鳩は霊的になれ!と教え、
蛇は現実的に考えよ!と教えているわけですね。


また古来から「蛇」は賢さの象徴的な生き物です。
音も立てずに移動できることから、慎重さを暗示します。
当時のエデンの園での誘惑の蛇には、足も手もありました。
蜥蜴ですね。
しかし、人間を誘惑した罰によって手足が無くなります。
よって「蛇のように賢く」とは、ずる賢さや悪意を表してはいません。
posted by 小町の影 at 21:17| Comment(0) | 生きることとは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

2012年02月11日のつぶやき

Free_komachi / 茂内重幸(小町)
タロット占い師の存在価値とは http://t.co/fLPcQuaI #jugem_blog at 02/11 10:04

Free_komachi / 茂内重幸(小町)
『2012年02月10日のつぶやき』智恵の泉|http://t.co/xSC1RoOG at 02/11 02:42
posted by 小町の影 at 00:01| Comment(0) | 生きることとは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。